コチョウラン

コチョウラン現地検討会

毎月定期的に行われているコチョウランの現地検討会。私が直接担当しているわけではありませんが、基本的に参加しています。

圃場周りの前にいろんな話をするのですが、いつも盛りだくさんの内容で、かなりボリューミーです。てなことで、今回も話し合いの時間が90分程度。内容はというと、①情勢報告、②今後の活動日程、③輸入苗の価格のこと、④新ダンボールのデザインに関すること。で、この④番で議論です。最終的に、全てが決まったわけではありませんが、また、宿題として持って帰り、再検討です。みんなが真剣に考えているからこそ、決められない部分もあり、この話題は、数ヶ月前から検討を行っているわけですが、まだ、先が見えそうにありません。超難題のようです。

変化を起こすというのは、新しい風が吹くようで、ゴールまで辿りついてしまえば、気持ちよさそうですが、何より前準備が大変。担当のK先輩は、さぞかし頭が痛いことでしょう。なので、そこを少しサポートしてやりたいなぁとは、考えてます。

花の消費が低迷している中で、資材費や輸送費などのコストは増加し、たくさんの花、品目で元気が出ない情報ばかりが、飛び交っていますが、とりあえず、私たちが元気を出すことで生産者の笑顔が見れたらと思います。まずは、元気なアイサツからですね。

Dscn2498

ハウスでの話し合いの時間は長いけど、コチョウランのハウスは、クーラーが入っているので、へっちゃらです。

・その他

洋ランの全国組織があるのですが、そこでは、今回の震災の被害にあった方々を支援する為、販売の一部を寄付する活動を行っているようです。専用のタグがついたものを購入するとその一部が義援金となるようです。高く、そして、たくさん売れるとその金額も多くなるようなので、いろんな場面で使ってもらえればと思います。

ただ、何より、こういった活動をしているということを、もっと、たくさんの人に知ってもらえれば、効果が大きくなるだろうと思います。

こういったタグ↓

Dscn2501

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コチョウラン

華やかで高価な花のコチョウラン。

その裏側では、生産者が汗水流して苦労を苦労とせず、苗から可愛がって育てている姿があります。現在では、中間苗を導入しているため、出荷するまでの期間が短くなっている品種もありますが、国内フラスコ業者からの導入苗は、やっぱり時間がかかってます。

そのかかっている期間を考えれば、やはり、見た目も兼ね備えたコチョウランは、高価で当然です。

そんなコチョウランを栽培しているプロの生産者集団、洋ラン部会の現地検討会が、本日、行われました。市場情勢報告や現在、降灰で悩んでいる為、それを落とす為の試験結果の概要、今後の行事に関すること、花を包む和紙に関すること、出荷箱のサイズに関すること。この話だけで、軽く1時間はかかっちゃいます。

皆が意見を出し合い、議論を行い答えを出していく。全員参加型の話し合いがここでは、行われています。最も理想とする形。

いつ見ても、コチョウラン生産者の姿勢は、真っ直ぐです。

Dscn2366

| | コメント (0) | トラックバック (0)

洋ラン部会設立20周年祝賀会

部会設立20周年を記念して行われた大会。実際には平成元年設立なので過ぎちゃってますが、昨年開催する予定が、いろんな問題で流れに流れ、ようやく開催することが出来ました。会には、多くの市場、関係機関の方々、全ての生産者がほぼ夫婦同伴で出席され、それはそれは、盛大に仕切られました。

まず、20年のあゆみを説明しましたが、自分自身この仕事について8年目ということも有り、知らないことが多すぎて、昔のことを知るいい機会となりました。その後、今後の生産振興計画を発表。現在の販売金額が6億円ちょっとなんですが、今後は、10億円までもっていこうとう強気の振興計画です。

でも、そんな計画も計画でなく実際に達成することが出来る生産者が多く揃っていますので心配ありません。すごいですね、10億って!

楽しい懇親会では、市場の方や生産者よりいろんな苦労やこれまでのあゆみが更に聞けてよい記念大会になりました。

やっぱ、節目の会は重要ですね。みんな俄然、今後に意欲を燃やしていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コチョウラン現地検討会

毎月行われているコチョウランの現地検討会。

普段は、主に生産者ハウスで現在の状況や品種の話等をするのですが、今日は、運送会社へ視察も行いました。

Dscn1414

大型車にちょうど積み込みを行っており、みんなの荷造りの仕方を見ます。輸送時に花がこすれあうことを防ぐ為、いろんな対応策をとっていますが、やり方が人ぞれぞれです。

そんな部分を中心に見ました。で、お互いに確かめ合います。

そんな検討会には、各農家のパートさんも含め35名程度の出席です。勢いのある部会は、そこで働く人たちをも真剣にさせます。

いい組織です。全ての人の一生懸命さが輝いてみえます。まさに、お手本ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

貰い物

当管内では、コチョウラン生産者が15名おり、日々、良い品物を作ろうと頑張っています。でも、メリクロンの障害や栽培ミス、品種特性の不明なものを栽培すると、少なからず、ロスが出るのは確かです。そのロスの一部分を今日はいただきました。

Dscn1178

単鉢で10鉢。今日は、これしか車に乗らなかった為、また、来週取りに行かないといけません。なんらかの問題がある物ですが、そんなの関係ありません。

何もしてない状態なので、自分で寄せ植えをしてみようと思います。

やったことはあるけど、バランス良く仕立てるのは、結構、難しいんですよね。

挑戦してみよ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コチョウラン現地検討会

毎月の定例行事。本日でした。

いつも通り、いくつかの議題を協議し、圃場巡回へ。

Dscn0367

良い出来栄えです。仕立ても非常にバランスがいい。

技術もある程度確立され、ほとんどの方が良い品物を作りお金にしている。やる気も非常に感じられるし、個々の行動力もある。

でも、一つだけ欠点が!

Dscn0369

基本的にみんながばらばらの行動をします。これがどういうことか?大事なことを見落としているのも確かです。説明も聞こえないしね。

基本的に、社長の集まりなので自分に自信やプライドを持っているのは確かです。

でも、なにか今一つ違う気がするのも確かです。

Dscn0370

宮崎オリジナル:ミモレ(花持ち抜群です)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コチョウラン現地検討会

圧巻です。

Dscn0235

高価なコチョウランがずらり。(ほんの一部)

毎月、コチョウランの生産者と現地回りをしています。高価なコチョウランですが、出荷するまでの経費、出荷の際に係る経費は、莫大です。

一回の失敗で、農家をリストラされかねません。ありえないです。けど、ありえます。

だからこそ、生産者の目も厳しく、常に、現場は緊張感が一杯です。今日の内容は、

①今後の活動計画

 視察研修が控えております。多分、関東でしょう。

②情勢報告

 ん~、今一つ。しかし、市場によっては数量少なく強持ち合い。見極めが必要です。

③省エネに関すること。

 ヒートポンプの説明も業者さんを交えて実施。

まあ、今日のところは、こんな感じの話をして、後は、現地巡回です。品種の特性の話やウィルス関係の話がメインで回っていきます。生産者の皆さんは、いろんな事を考えながら日々の栽培に取り組んでいることが良く分かります。

私も普段は、コチョウランという品目を見ることが無く、知識は全くといっていいほど無いのですが、横から話を聞いているだけで、勉強になります。

新鮮っていいですね!

Dscn0236

こんなのも一部あります。花は3~4cmくらいのちっちゃなかわいいやつです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

現地検討会

常に何かと集まりがある、この頃です。今日は、担当外ですが毎月恒例のコチョウラン現地検討会に参加してきました。話を聞いてて思うこと。やっぱ、ちげ~よ、この生産者の集団は!考え方やまとまり、どれをとってもトップレベルにあると思います。

まず、いろんなことを協議し、それから、圃場巡回です。今回は4戸。どこも素晴らしい?つくりを行っていたと思います。

市場の方もお招きしての現地検討会。たくさんのアドバイス等を頂き、生産者含めみんなで考え直さないといけない部分もあったかと思います。少しづつ、今以上の付加価値を付けれるような生産から販売を行っていければいいかな。

あっ、でも、おれ、コチョウラン担当してないんだった。人の心配より自分の心配しないと!ただでさえ、いっぱいいっぱいなのに。

Dscn0152

| | コメント (0) | トラックバック (0)

現地は大事

もっとも高価な花、コチョウラン!今日は、そんな生産者の方たちの現地検討会でした。真剣な話し合いの後、圃場回り。今回は、3件でした。

Dsc00446_2

ほんの一部です。ここまで、高価なコチョウランが並んでいるとコチョウランの高価さが麻痺しちゃいます。職業病です。(うちにも飾ってあります。もらいものですけどね)

しかし、立派な集団で、常に向上心に満ち溢れています。私の担当ではないので、あまりかかわることはないのですが、素晴らしい考え、技術を持った生産者が多いのは、確かです。あとは、どれだけ、他の人が追いつけるか。追いつく気があるのか?そのお手伝いをしていこうと思います。

最後に↓

Dsc00447

宮崎オリジナ~ル「ミモレ」です。花持ちが自慢のミディー系の品種です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)