デルフィニウム

揃いすぎ

Dscn1460

デルフィニウムシネンシス系。

スーパーグランブルーを中心に、その他5品種ほどの作付け。

生育の揃いは、良いことなのですが、揃いすぎも販売的にアウトです。スポット的な販売になりますので。

そもそも、本当は、1週間~10日ほど空けて定植する予定だったのですが、苗の都合で一斉に定植したことから、このような事態を招くことになりました。

そういえば、昨年も同じような状況に陥ったような・・・。

反省点が生かされてないようです。と言いつつも、そもそもなぜ苗が一緒に出来上がったのか?苗に関しては、本当は、納得のいかない部分があります。これに関しては、生産者は悪くないですからね。ちゃんと分けて注文した訳ですから。

本当に計画的に行われているか、正直、疑いたい気持ちです。

モヤモヤです。

Dscn1461

一気に一番花を出しますよ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

デルフィニウム

もうすぐ出荷が始まります。

今年度の作付けは、色々あって、宮崎県のオリジナル品種の中でも「カペラ」中心です。以前までは、「レグルス」や「リゲル」と言った品種だったのですが、それもほとんどありません。

でも、「カペラ」もいい品種であることに間違いはありません!これをガンガン押して販売いたします。

Dscn1470

花穂は、50cm~70cm程度。でも、若干、軸は細目かな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

もったいねぇ~

年々、作付けが減少するデルフィニウム。(エラータム) 苗代が高く、その割りに収益が上がらないと辞めていく生産者が多々います。聞くところによると、昔、宮崎のデルフィは、全国でも有数の産地だったらしい。それが今では・・・

しかし、そんな中でも、作り続けているいる人はいます。2番花が終わるこの時期、既に3番花は1株から3~5本上がってきています。

Dscn0750

手が入ってないため、写真用に葉をむしりました。でも、そこには、太い軸がたくさん上がっていました。この軸なら、ほとんど2Lでしょう。

このハウスは、無加温栽培ですが、ロゼットすることもなく3番花まで辿りつきました。今年は、暖かかったからなのか?それとも、別に他に原因があるのか?

昨年と違うところといえば・・・

あ~、一つだけある!

電照。

電照の使い方を、これまでの栽培指針と全く違うような方法をとっている。それは、とりあえず、点けっぱなしにしてること。1番花の終わり頃から今でも、ず~っと、夜中から明け方まで。これって、何か関係するのかな?

あんまり、分かりませんが、どんないいものがこれから上がってこようが、こいつらは、収穫されることなく終わってしまします。

それは、後作があるからです。エラータムを生産している以上、2番花まででは、元が取れないのは分かっているはず。でも、あえての後作。意味が分かりません。

この3番花は、廃棄処分です。めっちゃ、もったいねぇ~。

Dscn0749

| | コメント (0) | トラックバック (0)

終盤

わずかに作付けされているデルフィニウムエラータム系。2番花が終わりに向かっています。無加温の栽培。やはり、予想通り良いものは出来ません。当たり前ですよね。

でも、今年は天気が良く、朝晩の冷え込みはありましたが、日中のハウスの中は暖かい日が続きました。そのせいか、無加温でも、2番花は立ちました。良かったのか、悪かったのか?

2月いっぱいのエラータム系。なんか、毎年、寂しくなります。

Dscn0654

来年は、種子の確保が出来ず、無加温ですが、カペラを作付け予定。どうなることやら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2番花

9月に定植した分が1番花の出荷を終え、2番花に向け頑張っています。でも、芽の立ちが不揃いなものが多いです。その上、立ち本数が少ない。

原因不明の立ち本数の少なさです。1株当たり1本のものや、3本くらいのもの。まちまちなのですが、少なめです。

なんでだろう?

Dscn0492

| | コメント (1) | トラックバック (0)

シネンシス系

生育が揃うのは良いことだけど、揃いすぎるのも曲者です。だって、一瞬で終わっちゃうし!仕方ないかもしれないけれど、そこを、分散させるのも組織の力です。

この前、ピークが来たと思ったら、すぐにまた次です。

Dscn0483

斜めは見づらいですね。

スーパーグランブルー。最近の天気が続けば、来週一気に収穫突入です。

またまた、市場の方には迷惑かけます。松や千両で忙しい時期とは思いますが、よろしくお願いします。

でも、第1次ピークの時に市場の方に言われたコメント!

「次のセリには、70ケースは行きますからお願いしますね!」

「昔は、軽く100は来てたよ。ちょろいちょろい」

さすがやな~。器が違う。確かに良い価格帯で推移しました。

また、よろしくです。

上位等級品たくさんでますよ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

開花開始

ようやく始まりました。

Dscn0413

デルフィニウムエラータム系。「レグルス」

まだ、数本が数輪ですが、1週間後には、たくさん咲くことでしょう。

しかしながら、品質は、今一つ!というか、草丈が短い。草丈が短いというか花の数が少ない。これでは、S~2S中心になってしまうでしょう。

エラータム系の本質が出ていない1番花です。今さら言っても仕方ないので、2番花に向けた準備も今から開始します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

微妙

洋花類が少ないこの時期。もう少しすれば、いろんな品目が出てきます。その中の一つにデルフィニウムがあります。その昔、宮崎のデルフィといえば、全国でも有数の産地と聞きましたが、今では、生産者、作付け面積とも減少し、寂しい状況がここ数年続いています。

そんな中にも、宮崎のオリジナル品種は多数存在し、その価値と言えば、いろんな賞を獲得するなど、素晴らしい実績をもったものたちです。全く、育種者は凄い!

今は、9月上旬定植分が花芽を着け、もうすぐ咲きそうな時まで来ています。しかしながら、なにぶん草丈が短いのは確かです。この調子でいくと、60~70cmしかでません。その上、花数も非常に厳しい状況。でも、軸は細いながらも硬くできてます。

Dscn0385

この状況で良いものを出荷することは出来ませんが、洋花類の品薄感に期待をしたいところです。2番花からは今以上にしっかりと管理し、上位等級品を目指します。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

デルフィニウムシネンシス系

デルフィニウムの作付けも年々減少気味でありますが、その中で頑張っている生産者もいます。

Dscn0363

シネンシス系は、スーパーグランブルーがメインです。宮崎は温暖といえど、ここは違います。聞くところによると、ここ最近の最低気温が9℃とのこと。同じ宮崎の中心部にいながら考えられない気温です。

生育は、この圃場に関しては、いたって順調です。ここより早いとこでは、開花も始まってます。けど、草丈は確保されていません。来週くらいからの出荷予定ですが、厳しい品質ですね!

Dscn0362

| | コメント (0) | トラックバック (0)

抽台確認

宮崎オリジナルデルフィニウム(エラータム系)。

9月中旬に定植。その時の印象は、若干、徒長気味の苗。今では抽台始まってます。全体をトータルしてみて、軸は細めの状況。

その一部がこちら↓

Dscn0313

これが現状。

もう少し、しっかりした軸が欲しいです。これはこれで仕方ないかも。

しかし、今年の冬のこの方は、しっかりと焚きますよ!重油高騰なんかに負けてられるか! やることはやります。

確かにこれまで、いろんなやり方で失敗もしてるから。

冬場の宮崎の力をこれから一緒に見せてやるところです!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧