« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年12月

ロゼットの行く末

毎年、少なからず悩ませられる問題。トルコギキョウの「ロゼット」。今年は、例年に増して多いようです。確かに、今年の夏は猛暑と言われ、データ的にも暑かったようです。

そんな中で、種子冷蔵を常に行ってもらうよう各種苗会社さんへは、注文をお願いし、万全の体制を取ってもらえるようにしていたのですが、それでも、出てしまう。苗作りって難しいもんですね。つくづく思います。

でも、出てしまったものは仕方が無い。これからが大事です。ということで、種苗会社さんへも状況を説明し、現地も確認してもらったので、あとは、栽培技術になっています。

生産者によって対応は違いますが、既にジベ処理をしていたり、何もせず、じっくり待っていたりと、さまざまですが、やっぱりジベを打つしかないような状況に陥っています。

なかなか、難しい栽培方法ですが、これから先もこの問題に悩まされることは間違いないので、ここで、しっかりとデータを取っておきたいです。

Dscn2231

がっつりですね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

年末に向け

年末に向け、いまいち、出荷量の伸び悩んでいる当産地。

今後の出荷状況を一部の品目だけですが、とりあえず、おつなぎします。

まず、トルコギキョウ。

現在、出荷者は2名で日量50ケース前後出荷がありますが、来週の販売よりまた、1名出荷が開始される予定ですので、少しだけ増加します。蕾の摘み上げ等で、大幅に遅れをとっており、なかなか、数がまとまりません。今後の天候にもよりますが、週末から来週にかけては気温が上がるということで、花が咲いてくれることを期待しています。ピークは年明けになりそうです。

次に、千日紅。

クリスマス需要を前にこちらも出荷量伸び悩んでいる品目の一つ。日量100ケース前後が今後も続く見込みです。本当は、もっと、温度をかけれると、もっと花も立ってくるのでしょうが、この単価では、12℃くらいが精一杯のようです。年間通しての単価が非常に重要な品目ですので、需要期以外での安定相場を望みたいです。

最後に、テッポウユリ。

来週より、本格的な出荷が始まりますが、数量はまとまってます。今年は、すごく高単価での推移をしており、買参人の方々は、苦労していると思います。安定した出荷を行うことで、高くも無く、安くも無い、お互いに良い状態で年末を迎えられればと思います。年末の予約相対も今年は、単価設定が若干高めでありながらも、注文を下さった方には、頭があがりません。どしどし出荷いたしますので、今後もよろしくお願いします。

残すセリ日も、あと6回です。今年も良い年が越せるよう皆さんがんばりましょう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トルコギキョウ研修

先月の話になりますが、熊本県へちょっと出張へ行ってきました。今回は、当JAの草花球根部会の役員研修ということでしたが、役員さんが全てトルコギキョウ生産農家ということもあり、トルコギキョウメインの視察となりました。

ということで、試験場とJAやつしろ北部さんの生産者圃場2箇所を見せていただきました。

試験場では、たくさんの試験の内容について話を伺いましたが、今、自分たちの取り組んでいることが、改めて考えさせられるような内容も多々あったと思います。でも、一連の流れで話を聞き、よくよく考えてみると、納得させられるものだったことは、間違いありません。来年に向けた課題も出来ました。

生産者圃場では、ちょうど出荷が終わった圃場から、これから開花の作型まで幅広く見せていただきましたが、どの圃場も手が入っておりすばらしいものでした。熊本県では、1、2月の作型も、少しずつではありますが、増えているようで、県が課題としてあげている、県内産地のリレー出荷を確立しているようにも見えました。

また、そこの生産者の口から一言。

「1、2月に出荷することが八代の使命です」と。産地の役割を十分理解した、簡単そうで、とても難易度の高い一言。脱帽です。たくさんの競合産地がある中で、それを競合と敵視せず、共にいい方向に向かえるよう取り組んでいきたいものです。

試験場 工藤様、JAやつしろ北部 泉様、非常にすばらしい研修になりました。ありがとうございました。

Dscn2181

Dscn2188

ハウスも立派ながら、品物も立派。お手本ハウスですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スイートピー

嫌な雨ですね!

当管内では、スイートピー生産農家が1戸という寂しい状況ですが、それでもがんばって作付けされています。たかが1戸、されど1戸ということで、貴重な花です。

今年度より、いろんな状況を踏まえた上で、規格変更になったスイートピーですが、それをきちんと理解した上でもうすぐ出荷開始です。厳密に言えば、出荷は開始されているようですが、なにしろ、自分で直売所も持っている為、今までは、そちらでの対応をしておりました。

先月末から、今月頭にかけた雨、その上、突風が吹いた日もあり、竜巻で一部被覆資材が破け、さらに、この気温。栽培環境としては、決して良い状態とは言えませんでしたが、ようやくといったところです。

今日もハウスを覗いてみると、巻きひげを取りながら、蔓下げを行っている途中、蕾がポロポロと…

あまり、早くから出荷をしないようなのんびりとした作型で作っていましたので、本番は、年明けからになりそうですが、今から楽しみです。昨年、花シミ等が多く発生しましたが、今年度は、クレーム0を目標に始められればと思います。

Dscn2216

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »