影の影響力

Photo

写真では、ぱっと見あまり分かりませんが左右の畝では、これまでに収穫した本数が全く違います。右は、谷下の為光の影響を受け、まだまだこれからの開花です。やっぱトルコには、光が必要ですね。

今回のこの作付けは、失敗です。もっと、開きやすい品種を植えつければよかったと、今頃反省してますが、この失敗が次の作に生きてくると思えば、これもまた勉強です。

ハウスの構造を考え、どこに何の品種を植えるかまで考えて、品種を検討しているところです。同じ失敗は、繰り返しません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

もうすぐクラリス祭り

少加温程度で季咲き風に作っている分がちょっとだけありますが、そこがもうすぐ咲きそうです。ちなみにダイヤモンドピーチを約15,000本、クラリスピンクを約7,000本ほど作付けしておりますが、そのクラリスピンクが出荷を迎えようとしております。

確実にこれは、祭りです。

Dscn3038

それなりに手が入っておりますので、物はまずまずで、開花も揃うことと思われます。日中の気温も上がってきており天候も比較的安定しておりますので、来週末から再来週にかけて一気に咲く予定です。

ちなみにダイヤモンドピーチは、完璧に母の日向けです。昨年度は、遅れ遅れでほとんどが母の日を過ぎて出荷されましたが、今年は、間に合いそうです。量が量だけに販売も厳しいかもしれませんが、4月末は、ダイヤモンドピーチ祭りを開催予定です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トルコギキョウ

久しぶりすぎの更新となります。

昨年の12月から出荷が行われてきたトルコギキョウですが、良い流れが続いております。昨年は、ロゼットやフザリウムにやられ、また、青枯れ病等が多く発生して最悪の状態だったと記憶しております。

それが、今年度は、天候こそ良くなかったものの、手の入れ方が劇的に変化し、評判もそこそこです。当然、単価にも跳ね返ってきております。ただ単に少ないから高いのかもしれませんが、これまでと違います。

これまで、出来てなかった圃場段階での蕾の整理が、確かに完璧ではないけれど行うことで、花首の硬さや花の大きさが増し、高品質な物に繋がるということを理解し、そこを求められるようになりました。確実に大きな一歩を踏み出しております。そこには、市場の方々や他産地の生産者の方、いろんな人に助けられていますが、本当に感謝です。

こりゃ、来年度は、更に楽しみですね。

Dscn3036

まだまだ、これからです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

テッポウユリ

私が担当する品目の中の唯一の球根類。ヒノモトの作付けが9月中旬より始まっています。昔は、かなりの産地だったと聞いていますが、私が担当についた頃には、既に、極わずかな生産者数でした。それが、今では、1戸に。

でも、栽培が終わったわけではありません。昨年、球根の入手が困難なこともあり、市場では、高値で取引が行われました。球根養成の生産者が全国的に減少しているのが、その理由です。

そんな苦難を乗り越え、今年度は、何とか確保し、昨年より多い球根数の植え付けを行います。11月上旬からの出荷を予定しておりますが、そこから、年末までしっかり取り組んでいきたいと考えています。

本年も宮崎産テッポウユリをお買い求めいただければ幸いです。

Dscn2535

台風の影響が心配です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

定植開始

台風11、12号も来ることなく、今年度のトルコギキョウの定植が一部で始まりました。今作では、人数こそ変わらないものの、作付け面積2.3ha、定植本数約60万本という、ここ数年の中では、一番多い状況になっております。昨年を振り返ると、この次期、苗の前進化により、慌ただしく準備等に追われていましたが、今年は、今のところ、順調にいっています。ただ、微妙に苗が進んでいたり、弱いものが見受けられる気はしますが。

本格的に始まるのは来週からですが、これから、10月中旬まで随時定植が行われる予定になっております。毎年、定植後の害虫対策には、苦労しているわけですが、苗が食べられたりして無くなってしまっては、元も子もありませんので、今年は、そういったことが無いよう、適宜防除の徹底を行ってもらえるよう指導していくつもりです。予防が肝心。気付いたときには、手遅れです。

まだまだ、暑い日が続きますが、ようやく始まりました。今年の冬に向けて高品質な物が出荷出来るよう、これからが大事です。育苗も現在進行中ですが、どちらも気が抜けません。でも、楽しみです。

Dscn2522

サカタさんのボヤージュホワイト。

今年は、結構、いい感じです。

Dscn2520

写真、横で見にくいですね。

主には、10cm6目ネットの4条植えが主流です。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

発芽良好

Dscn2519

トルコの裸種子播種分。少し短めの種子冷蔵を終え、今、発芽してきています。

いたって良好な発芽状況。良すぎてこれからの間引きが大変です。小さい内にやっとかないと、後では、更に大変になるので、明日にでも行おうと思っていますが・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コチョウラン現地検討会

毎月定期的に行われているコチョウランの現地検討会。私が直接担当しているわけではありませんが、基本的に参加しています。

圃場周りの前にいろんな話をするのですが、いつも盛りだくさんの内容で、かなりボリューミーです。てなことで、今回も話し合いの時間が90分程度。内容はというと、①情勢報告、②今後の活動日程、③輸入苗の価格のこと、④新ダンボールのデザインに関すること。で、この④番で議論です。最終的に、全てが決まったわけではありませんが、また、宿題として持って帰り、再検討です。みんなが真剣に考えているからこそ、決められない部分もあり、この話題は、数ヶ月前から検討を行っているわけですが、まだ、先が見えそうにありません。超難題のようです。

変化を起こすというのは、新しい風が吹くようで、ゴールまで辿りついてしまえば、気持ちよさそうですが、何より前準備が大変。担当のK先輩は、さぞかし頭が痛いことでしょう。なので、そこを少しサポートしてやりたいなぁとは、考えてます。

花の消費が低迷している中で、資材費や輸送費などのコストは増加し、たくさんの花、品目で元気が出ない情報ばかりが、飛び交っていますが、とりあえず、私たちが元気を出すことで生産者の笑顔が見れたらと思います。まずは、元気なアイサツからですね。

Dscn2498

ハウスでの話し合いの時間は長いけど、コチョウランのハウスは、クーラーが入っているので、へっちゃらです。

・その他

洋ランの全国組織があるのですが、そこでは、今回の震災の被害にあった方々を支援する為、販売の一部を寄付する活動を行っているようです。専用のタグがついたものを購入するとその一部が義援金となるようです。高く、そして、たくさん売れるとその金額も多くなるようなので、いろんな場面で使ってもらえればと思います。

ただ、何より、こういった活動をしているということを、もっと、たくさんの人に知ってもらえれば、効果が大きくなるだろうと思います。

こういったタグ↓

Dscn2501

| | コメント (0) | トラックバック (0)

播種終了

6月末から始まった、次作に向けたトルコギキョウの種まきが、ついに、昨日を持って終了しました。約1ヶ月間で1,000トレイほど蒔きましたが、この気温の中での作業が辛かったということは、言うまでもありません。

種まきが終わったと同時に、最初に蒔いた種は、種子冷蔵期間も終わり、本日より、夜冷育苗も開始です。実際、育苗の本番は、これからなので、今年も良苗生産に向け、努力をしていこうと思います。

何より、生産者主導の育苗なので、いろんな意味で手助けが出来ればと感じてます。

とりあえず、今年は、おっきな苗が作りたいな!

Dscn2496

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ケイトウ

数少ない夏場の品目の一つとして、「ケイトウ」の作付けが行われています。赤、黄、ローズの3色が作付けされていますが、これまで作られてそうで作られてなかった花です。

生産者の心情としては、「圃場の肥料分を少しでも吸い取ってくれて、それが少しでもお金になれば」という気持ちで始めたわけですが、それなりに所得に繋がっているようです。決して、バカ高値がついてるわけではありませんが、評判もそこそこ良く、決して悪くはありません。これで、土壌も改良されてゆけば、良いことづくしです。

一時は、8月盆の前々からの出荷なので、単価にどう反映されるか心配でなりませんでしが、なんとか、無事に終わりそうな予感です。約3万本近く植えられた物も、残り1万本強程度です。最後まで、売れるようこちらも情報を流さなくてはなりません。

Dscn2494

| | コメント (0) | トラックバック (0)

播種開始

今年度の出荷も終盤になっており、日に日に出荷量も減少してます。そんな中、もう、次の作の準備を始めております。トルコギキョウの種まきスタートです。

例年に比べると、8月下旬の定植がなくなった分、約1週間遅れのスタートですが、その他は何も変わりはありません。288穴セルトレイに育苗用土を詰め、種を蒔いて水をやる。この作業の繰り返しが週一回程度7月末まで行われます。

結構、辛い仕事です。

しかし、この自家育苗の評判は良く、生産者からの信頼も厚い苗を作れます。みんなで力を合わせて作っているので、当然のことなんですけどね。

暑い日が続きますが、しっかりと作業を進めていき、9月には、良苗が配布できるよう頑張ります。

Dscn2478

種子冷は、きっちり5週。ロゼット回避です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«露地品目